債務整理する前にマグロ漁船に乗ろう?

By admin / On

過払い金請求の債務整理裏ワザ

債務整理のひとつとして過払い金請求があります。これは、払いすぎてしまった利息を取り戻すことになります。過払い金請求の裏ワザとしては、完済をしてから行うことです。裏ワザと呼べるかは不明ですが、本来は完済してから行うことになります。借金がまだある状態で過払い金請求をすることはできるのですが、利息制限法以下に引き直して再計算して、過払い金を借金に充当してもそれでも残高がある場合には、返済していかなければならないことになります。その返済は、無利息で返済をすることができる任意整理の手続きとなります。そうなると、契約見直しという情報が信用情報機関に登録されます。

これはいわゆるブラックリストに載ることになります。過払い金請求は正当な金利なのですが、過払い金を借金に充当したとしても残高がまだある場合は事故情報として登録されてしまうのです。過払い金で借金を完済できた場合には、ブラックリストとして登録されることはなく、過払い請求手続き後もまたキャッシングローンの申込みをすることはできます。完済をしてから過払い金請求の債務整理を行う分には、もちろん信用情報機関に事故情報として登録されることはないので安心して請求できます。

 

おまとめローンとは

複数の金融機関からお金を借りている方がぜひ検討をおすすめしたいのが「おまとめローン」です。いろいろな金融機関のローンを利用している場合、返済日も返済額も利息もまちまちなため、借金の全体像を把握しにくく、今現在どのくらい返済できているのかわからなくなってしまったり、返済日もまちまちなため、何かとわずらわしく面倒で、うっかり返済を忘れてしまったりしかねません。そんな方は、複数の借入金を一本化して返済する「おまとめローン」を検討してみましょう。

まずはこれまでのいくつかの借入金を一つの金融機関からいったん返済します。そしてその後改めておまとめローンとして返済していきます。これでばらばらだった返済日が一日に統一されすっきりしますし、返済額も一目瞭然、管理も楽になります。ただし、おまとめローンを利用するためには、申し込んだ人の返済能力を確認する審査があります。審査では定期的、安定的収入があることが原則ですので、無職やフリーターは難しくなるでしょう。

おまとめローンを利用したいなら、継続的にアルバイトするなどして定収入の手段をまず確保しましょう。さらにおまとめローンとして利用する金融機関にも、審査に厳しい会社と通りやすい会社がありますので、審査に通りやすいといわれる金融機関を選ぶとよいでしょう。参考までに一般的には銀行系の会社は審査が厳しく、消費者金融系は緩めといわれています。ただし、金利は逆に銀行系は低め、消費者金融系は高めですので、一本化後の返済計画もよく考えましょう。

おまとめローンの審査が通らない?:審査が通りやすい評判のローンを探す!

 

ブランド品にハマってしまい任意整理をする

女性であれば誰もがブランド品に憧れを持っているものですが、私もそのひとりです。高校生のころから憧れがありました。社会人になってブランド品を買うようになり、貯金では足りなかったのでキャッシングをしたのです。返済に困ってしまった私は任意整理を依頼しました。

【体験者の情報】
性別:女性
職業:アパレル販売員
年齢:27歳
借入額:100万円
借入先(業者):モビット

■貧しい環境で育ってブランド品に憧れる
私の家庭は決して裕福なものではありませんでした。私が生まれてから間もなくして両親が離婚をしたことで、母親とふたりで生活をしていたのです。頼れる親戚もいなかった母親は昼間に事務員として働き、夜は飲食店でアルバイトをしていました。それによって私はひとりで過ごすことが多かったのです。テレビやマンガを読んでいたのですが、特に私が夢中になっていたのは母親が買っていたファッション雑誌です。私の母は昔からファッションが好きで、貧しいにも関わらず着飾ることが好きでした。そのせいもあって私の家にはファッション雑誌が多く並んでいたのです。もちろん母はしょっちゅう服が買える訳ではありません。少ない服を工夫して着こなしていました。私もその影響を受けてファッションが大好きだったのです。

■家計を助けるためにアルバイト
小さいころから家に帰ると、私は母のファッション雑誌を眺めていました。小説などは一切読んだことが無かったのですが、ファッション雑誌は毎日読んでいたのです。中でも私はアクセサリーが大好きで、アクセサリー特集のときはドキドキしながら読んでいました。そのような生活は高校生になっても続いたのです。しかし、高校生の私にそのようなブランド品のアクセサリーを買うことは出来ません。私はアルバイトが認められている高校へ進学していたため、スーパーマーケットでアルバイトをしていたのですが、家にお金を入れていました。母もそういったものが欲しかったに違いありません。我慢をしていたのです。周囲にはブランド品を身につけるクラスメイトもいましたが、私にとってそれは別世界のように思えたのです。

■進学を諦めてアパレル販売員へ
ファッションに興味を持っていた私は、東京のデザイン系専門学校への進学を夢見ていました。しかし、私の家の経済状況を考えるとそれは難しいものです。私は就職を選びました。学校が私の家庭事情を理解してくれていたので、私の希望するアパレル販売員の仕事を見つけてくれたのです。就職が決まったことで私の母は喜んでくれました。私は必死に働いてお金を貯めると、ひとり暮らしを始めました。やはりひとり暮らしにあこがれがあったのです。もちろんファッション雑誌を毎月買い込み、本棚にはバックナンバーが並んでいました。私にとってアパレル販売員は天職だったようで上司から大きな仕事を任されるようになり、高校時代のクラスメイトが買いに来てくれることもありました。それと同時に私は再び貯金を始めました。それはもちろんお気に入りのブランド品のアクセサリーを買うためです。

■社会人になって初めてブランド品を買う
ブランド品のアクセサリーは私にとって長年のあこがれだったので、生活を切り詰めて貯金をしました。そして、ようやく私は念願だったアクセサリーを買ったのです。それからお金を貯めては欲しかったアクセサリーをコツコツ買い集めました。母にも孝行をしたかったので、母の誕生日にプレゼントをしたこともあります。母はとても喜んでくれて、私と会うときは必ず身につけてくれたのです。このような生活をしていたのですが、あるとき私の中で欲求が大きくなったのです。それが我慢できなくなった私は消費者金融について調べてしまったのです。そして、ついに消費者金融のモビットからキャッシングをしてしまいました。最初はほんの少しだけのつもりだったのです。

■カードローンの返済が出来ず任意整理
一度カードローンに手を出してしまうと、借入可能額が自分の貯金のように感じてしまうのです。私はついにモビットの限度額まで借りてしまいました。まさかこれほどすぐに限度額へ達するとは思いもよりませんでした。それでも私は欲求が抑えられなかったので、ほかの消費者金融からも借りてしまったのです。しかし、これほど借りてしまうと返済日の管理さえ難しくなってしまいます。毎月の返済が滞ることもあります。そこで私は任意整理を選んだのです。母に相談をしようとも思いましたが、せっかくひとりで育ててくれた母に申し訳なく、相談することが出来なかったのです。任意整理によるペナルティはありますが、利息を払わずに済みました。今は少しずつ返済を進めています。

夢だった保育園の看護師求人を見つけ転職できました

By admin / On

私は看護学校で勉強していた時から、いつかは保育園で看護師の仕事をしていきたいなと漠然と考えていました。ただ、やはり看護師としてのスキルをきちんと身につけていきたいという気持ちもありましたし、いきなり保育園で働くのはさすがに難しいような気がしたので、まずは最低でも3年から5年は病院かクリニックで勤務を続け、それから夢の職場で働き始めることにしたのです。

介護施設なんかもそうですが、大抵はちゃんと病院などで勤務したことがある人でないと、働くことができなくなっているので、絶対に必要なことなのだと思いますし、病院等での経験があれば、どんな職場でも看護師としてやっていけるのも事実です。だからこそ、まずは経験を積むことを第一に考えてきました。それから4年経ち、そろそろ保育園に転職しようと思って、看護師求人を探していたのですが、これが驚くことに、全然看護師求人が出ていないんです。

保育園で働くことなんて無理なのではないかと思わずにはいられないぐらい、求人が出ていないんです。なので、うまいこと転職するための過程をこなしていくことが出来なくなってしまって、ちょっと心が折れそうになりました。でも、学生の頃からの夢ですし、どうしても頑張ってみたかったので、看護師の転職紹介サービスに登録し、アドバイザーさんに相談しました。そうしたら、私が求めていた求人情報を紹介してくれて、すぐに転職できてしまったんです。おかげで今、充実した毎日を送れています。